寿退社をした同僚が風俗に転身

寿退社をした同僚が風俗に転身

投稿日:2015年4月9日 カテゴリ:風俗の体験談保管

一般的に、風俗店は夜行くものであると思われていますが、私にとっては朝一番に訪れる店です。だって人目につきにくいですし、割引が適応されるんですよ。会社に出勤してから、営業回りをする前に一発やるのが至福の時間です。もちろん、会社にばれたら まずいですけどね。そんな訳でいつも来るヘルス街に赴いたのですが、店を選んでいると営業二課に居たT子を見かけました。裏の路地に入り、ビルの中に入って行く姿からヘルス勤務をしていると推察します。T子の後を追いかけ店に行ってみると、案の定彼女が在籍していました。店員に頼んでT子を指名すると、彼女が部屋にやって来ると私を見て驚いた様子をみせます。私を妄想の中で、T子とのプレイを味わっていたので、遂に実現したかと思うと興奮せずにはいられませんでした。彼女はうつむいて拒否反応を示しながらも、素直に応じてくれました。フィニッシュまで、出し惜しみせずに存分に味あわせてもらいました。