初恋の相手と風俗店で出会い結婚へ

初恋の相手と風俗店で出会い結婚へ

投稿日:2015年4月11日 カテゴリ:風俗の体験談保管

今から約3年前、友達と一緒に街の風俗店に行きました。指名して部屋に入ってきたのは、学生時代好きだった寛子でした。初恋の相手をあだ名で呼ぶと、彼女もすぐこちらに気付き恥ずかしい気持ちになります。プレイを楽しみながらそれぞれの近況を話すと、寛子は仕事をしない旦那の代わりにお金を稼いでいるとのことでした。話を聞いている内に旦那の使いパシリにされている彼女が不憫になり、別れて自分と一緒にならないかと伝えます。最初は拒んでいた寛子も、説得に応じて旦那と離婚することを決意します。すぐに俺のマンションで同棲を始め、旦那には離婚届を送り名前を書いて判を押すように要求します。彼は要求に応じて離婚届を返送して、それを役所に提出して寛子と旦那の離婚は成立しました。その後、別れた男との間で一悶着がありましたが全て解決して、現在は彼女と結婚して夫婦となりました。あの日店に行かなければ、今の幸せはなかったのでしょう。